[A-004]MTRL HongKong

  • 2017-2018
  • fabspace, office, workplace
  • Hong Kong
  • loftwork

風穴を開ける

香港島、起伏の激しい上環地区に建つ、現地では典型的な鉄筋コンクリート造の長屋の一部をドロップインスペースにリノベーションする計画である。

高温多湿で湿度が100%にまで達する香港では、一般的に部屋を締め切ってエアコンをかけることで室内環境をコントロールしている。そのためか、室内で空気がこもり黴臭くなったり、室内外での寒暖差が激しくなったりしてしまうことも多い。また、多くの場合長屋形式の建物では背後にバラックのような増築がされているため、奥に行けば行くほど暗く閉じた空間になっていく。本計画の敷地建物にも例に漏れず裏手に大きな部屋がくっついていた。

そこで、まずはこの増築部分を全て撤去し裏庭に対して最大限開放できる大きな窓を開けることで、このエリアに風の通り道をつくることを考えた。

建物の裏に風穴を開けたことで、南北の開口を開け放つと気持ちのいい風が抜け、奥へと進むと明るい光が部屋に差し込んでくる。また背後に隠れていた高さ30mの断崖絶壁が借景として広がり、壮大な眺めを独占することができる場所を作ることができた。

経済運動としての建築

本プロジェクトのもう一つの特徴が、多様な場所から集められた材料たちである。香港では、低い税率と自由貿易のもと様々な貿易拠点として世界経済的にも特異な立ち位置にいる。様々な価値が変換され流れていく中で、反面製造業にはあまり力を入れておらずメイドイン香港の技術や素材、製品を見つけることはあまり現実的でなかった。そこで今回は地産地消にこだわらず、あえて物理的距離を問わずに様々な場所から積極的に技術や素材を取り入れながら現場で組み合わせていくことで香港らしいハイブリッドな空間をつくることを考えた。

家具や什器には飛騨の広葉樹を用い、地元の職人が仕上げたものをコンテナ船で運んできた。カウンターやテーブルの人造研ぎ出し石の天板は、石が豊富に採れる深センで制作されている。地上階の音環境を向上するために壁一面に貼られたもしゃもしゃの柔らかい素材は、香港の街中で見ることができる玄関マットを流用した。建材のロジスティクスを考慮して、ネットワークとして建築を考えることで、新しいローカリティーを考えるきっかけとなった。

インフォメーション・アズ・マテリアル

吹き抜け部分に設置された縦長の屋外用LEDディスプレイは、フレームレスかつ構造上光を反射しないためモニター感が薄く、まるでタペストリーかラグかのような見え方をする。LEDディスプレイや電子ペーパーなど、情報に特別な質感を与える技術がでてきたことによって、それらのデバイスを設備としてでなく建築の仕上材と同等に扱うことができるようになるだろう。

期間:2017-2018
所在地:香港上環新街10號
主要用途:オフィス
設計・監理:DOMINO ARCHITECTS
制作協力:株式会社飛騨の森でクマは踊る 
床面積:130.10 平米
写真:Gottingham