[A-008]SITE_Ki

  • 2018-2019
  • Japan / Hiroshima, Tokyo / Komaba

Notice: Undefined variable: works_gallery in /home/users/2/pya.jp-oonoyusuke/web/wp/wp-content/themes/da/inc/inc_singular.php on line 59

「攻殻機動隊」で描かれているような、人の感覚や知覚に関わる技術を研究・開発している東京大学の稲見・檜山研究室と、工事現場でよく見る鮮やかなグリーンの建設機械を製造販売するコベルコ建機株式会社。両者の共同研究のための空間を駒場にある東京大学先端技術センター内に計画した。

「VRによる建機の操縦」を研究テーマに、駒場から800km離れた広島県呉市にある自動車解体工場内の解体機ニブラを遠隔操縦するための空間。部屋の一角をVRスペースにするのではなく、部屋全体を解体機のコックピットとして提案した。

ワンルームのあまり大きくない部屋の中に、VR室、会議室、作業場、ショールームなどの性格の異なる機能を重ね合わせる必要があったため、壁を立てて空間を仕切るのではなく、大きな柱状の家具を配置することで、死角や回り込みを利用しながらワンルーム内にいくつもの性格の異なるコーナーを設ける事を考えた。

VRのための空間。極端なことを言えばミニマルなホワイトキューブでも事足りてしまう空間に対して、バーチャルとリアルをつなぐインターフェイスの実空間が補助できることは何か。空間に紐づく空気の流れや匂い、素材の肌理など、まだ遠隔に伝えることはできない要素を、できる限り東京ー広島間でリンクさせていくことを試みた。

臨場感、高揚感を高めるために実際の解体機からシートを外し、革を張り替えて設置した。台座はコベルコグリーンの車用塗料を用いて塗装している。部屋全体を大きな建設機械の内部として設計した。

部屋を緩やかに分節している柱状家具は、国産のホオノキを細かく砕いて圧縮した特別な材で構成されている。木くずの圧縮材がソリッドに立っている様子を、解体した車の鉄くずをブロック状に積んでいる広島の解体現場のイメージと重ねた。

本棚やモニター架台などの壁沿いの家具はできるだけ空間の背景となるように、部屋の天井に最初から備わっていた電設ラックを流用して製作している。

リモート・ミーティングやエレクトロニック・コマースなど、バーチャル空間でのコミュニケーションが特別なことではなくなっている時代においてこそ、実空間における身体性やマテリアリティの価値が改めて問われている。

期間:2018-2019
所在地:東京都目黒区
主要用途:研究室
設計・監理:DOMINO ARCHITECTS
施工:中秀工務店
什器制作:eckits 
床面積:58.8 平米
写真:Gottingham


Notice: Undefined variable: works_gallery in /home/users/2/pya.jp-oonoyusuke/web/wp/wp-content/themes/da/inc/inc_singular.php on line 73