[I-003]Wood Hatch

  • 2016
  • Tokyo / Shibuya

渋谷区道玄坂上、FabCafeのファサードのリニューアル計画。カフェのエントランスを強調するために、入り口の周りにグラフィックデザインの「ハッチ」をかけるように木材を組んだ。

国産のクリで作られた無垢の角材はらせんを描くように継がれていて、透かして見ると千鳥格子のパターンが見える仕掛けになっている。

制作世界最高水準の木工技術を持つ飛騨産業に依頼した。屋外の造作物なのに、家具の精度で作られている。飛騨産業とのやり取りには図面ではなく、最初から最後まで3Dモデルを使っている。デジタル加工と手加工をうまく組み合わせることで、高いレベルで複雑な形状が実現された。

主要用途:ファサード
設計・監理:DOMINO ARCHITECTS
構造:江村哲哉
照明:Tokyo Lighting Design
制作:飛騨産業
制作協力:株式会社飛騨の森でクマは踊る
施工:eckits 
写真:長谷川健太

#japan, #shibuya, #facade, #digitalfabrication, #contemporarycraft